大普賢岳北西面地獄谷最上部般若の滝登攀

2013.02.15 Friday

0

     

    大普賢岳北西面の氷瀑群


    冬季に日本岳のコルから眺めれば幾つかの氷瀑・氷柱が見て取れる

    下部にはアイスゲレンデ・ブライダルベール

    そしてシェークスピア氷柱群などの

    アイスクライミングゲレンデが点在する


    そして圧倒的な存在感を持って君臨するかのように聳える上部の大氷瀑

    高低差が100mを越えるグランドイリュージョン

    さらに閻魔大王・天の道・天使の翼とつながる300mを越える大氷瀑

    最後に地獄谷最奥部にかかる般若の滝

    高低差80m(下部30m・上部50m)




    般若の滝登攀は長年の目標であった。


    浜矢さんがルートを拓き二度にわたって確認に行く。

    さらに岡本さんと二度トライするも完登することは出来ずに敗退。

    一昨年は大雪と雪崩で到達することすら出来なかった。

    今回で幾度目のトライであろうか。


    アプローチは和佐又から入山し日本岳のコルから地獄谷上部をトラバースする。

    雪の状態によって難度は大きく変わる。

    多すぎると随時雪崩と向き合うことになる。

    逆に少ないと雪の下から突然現れる岩盤によって滑落の危険と対峙する。

    滑れば大岩壁が口を開けて待っている。



    幾度かザイルをつなぎながらおよそ3時間かけて滝の下部に到達する

    日帰りも可能ではあるが今回はじっくりと取り組むために幕営した

    急斜面を切って幕営地をつくる



    テント周りは慎重に動かなければならない

    いったん滑落するとグランドイリュージョンまで滑り台で300mは墜落する



    初日 下部にアイススクリューをセットし翌日に向けての気合いを入れる



    二人とも気力充分で完登を誓い合った





    翌朝 ゆっくりと起床



    下部を登り上部にトライする

    天候に恵まれ氷が輝く



    上部は大きく二段に分かれており核心は一段目のバーティカル





    このあたりで一度墜落するもスクリューが効いていてしっかりと止まる






    その後再度気合いを入れ直し登り返し上部の一段目を越えていく

    11時30分 完登

    完登の最大の要因は安心できるザイルパートナーと天候であった



    アイスクライミングではこのくらいのケガはつきものである

    互いの健闘をたたえ合い下山

    BY 須田 佐々木

    スポンサーサイト

    2017.02.12 Sunday

    0
      コメント
      コメントする